人気ブログランキング |
ブログトップ

ニューヨーク Notebook

ktnyc.exblog.jp

南フランスでのバカンス

2019年の夏休み。

第2弾目のバケーションは南フランスに行ってきました。

特に何をしたというわけでもなく、、、。
南フランスでのバカンス_e0255210_02132352.png
泊まった家にはプールがあり、そこで夕方1時間ほど泳いで、
3食、食べると行った毎日。
南フランスでのバカンス_e0255210_02140624.png
ディナーになると必ず数種類のサラミが前菜に出ます。(この右側のサラミがすごーく美味しかった)
南フランスでのバカンス_e0255210_05531045.png

メインの後はサラダ。

私にはサラダがメインの後に出るのが戸惑いですが、こんなメロンがサラダ(!)の時もあったりして、、、、

南フランスでのバカンス_e0255210_05530492.png

でサラダの後にデザート、これは必ず2種類出ます。

まずは、チーズの盛り合わせ。そしてやっと甘いデザート。

これを1週間続けたら、3日目くらいからすでに”食べ過ぎかな?”という体になってきました。

ニューヨークに帰ったら粗食に戻して、、、なんて思いながら、日本食が恋しくなり、お寿司が食べたいなと思ったり、、、、


南フランスでのバカンス_e0255210_02130358.png
夕食後も泳いだりして、今週はのんびりです。
南フランスでのバカンス_e0255210_02124739.png



# by kt-ny | 2019-08-04 06:12 | 海外旅行

ニューヨークで無料のカヤックに挑戦

最高に暑い。

今週末のニューヨークは”ヒートウェーブ”が訪れるので、外出には気をつけるようにとニュースで聞きましたが、

日曜日の4:00で37度。そして体感温度は43度。

ニューヨークで無料のカヤックに挑戦_e0255210_04544468.png
こんな時、外で働いている方、本当にご苦労様です。
ニューヨークで無料のカヤックに挑戦_e0255210_04540806.png
今週末は、室内で暑さをしのいでいますが、、、、、

1週間前の土曜日、ブルックリンの、イーストリバー沿いで、マンハッタンのダウンタウンを一望できるスポットで、
カヤックを体験してきました。


ニューヨークで無料のカヤックに挑戦_e0255210_02200472.png
10時からということで、私たちは10時に着いたところ、20人ほど、すでに並んでいました。

受付を済まして、ベストを着せてもらうと、簡単な説明と注意事項をもらうだけで、

『じゃあ楽しんで』

って感じで、あっさり送り出されます。


ニューヨークで無料のカヤックに挑戦_e0255210_02194908.png

バランスを崩したりして、転覆してしまうのではと思ったりもしましたが、
慣れてくると、パドルの使い方もそんなに難しくありません。

見慣れたマンハッタンも、水の上から見ると、なんだか特別な気分になります。
グイグイ漕いで行くと、マンハッタンについてしまいそう(笑)

一応の時間制限は20分。
あっという間に過ぎてしまいますが、厳しい管理ではないので、私たちは、30分ほどカヤックを楽しみました。

ニューヨークで無料のカヤックに挑戦_e0255210_02215407.png

無料ではありますが、、ボランティアの方に感謝の意味も込めて、ドネーション(募金)をさせていただきました。

こんな楽しいことが、無料で体験できるなんて、素晴らしいですよね。









# by kt-ny | 2019-07-22 06:27 | ニューヨークの週末

新しい世代!NY発のGlossier グロッシアーコスメティックブランド



新しい世代!NY発のGlossier グロッシアーコスメティックブランド_e0255210_02450749.jpg


NY、ソーホーとチャイナタウンの間にあるこのビルの前には、いつも長い行列ができています。

新しい世代!NY発のGlossier グロッシアーコスメティックブランド_e0255210_06135560.png

なぜならここは、SNSを中心としてここ数年でものすごく話題になっている、NY発のスキンケアーコスメティックブランド、"Glossier" のニューヨークで唯一のお店なのです。

US VOGUE や W magazine でアシスタントをしていた Emily Weiss という女性が、副業として始めたビューティーブログ "Into The Gloss" がとても人気になり、3年後に生まれたのがこのコスメティックブランド”Glossier”
このブログは始まった頃からチェックしていますが、ブログというより、もうビューティー雑誌のような、クオリティーの高さ。

新しい世代!NY発のGlossier グロッシアーコスメティックブランド_e0255210_02502274.jpg




Glossier のモットーは 『SKIN FIRST』

すべてのプロダクツにパラベンや、アルコールが入っていません。動物実験もされていない、現代の女性が共感できるところが魅力的です。
なので、ファンデーションはティンテッドファンデーション。素肌よりは美しくなるけど、素肌っぽい仕上がりです。

4種類のスキンケアーから始まったこのブランドですが、BOY BROWという可愛いネーミングの眉毛ポマードがで始めた頃から、センセーショナルにソーシァルメディアに取り上げられるようになったように感じます。ちなみに私もこれは撮影でほとんど毎日使っています。

新しい世代!NY発のGlossier グロッシアーコスメティックブランド_e0255210_03024979.jpg

ブログから始まったこともありますが、このブランドは、ソーシャルメディアをうまく使うことによって、どんどん大きくなった新世代のコスメティックブランドですね。

なので、お店はニューヨークのショールーム1店。あとはロスアンジェルスに最近オープンしたのみで、あとはオンラインでの購入のみ。

ちなみに長蛇の列をくぐり抜けて入ったショールームの中はこんな感じ。
新しい世代!NY発のGlossier グロッシアーコスメティックブランド_e0255210_06142359.png
自由に試してみてねって感じで、すごく気楽な感じ。
新しい世代!NY発のGlossier グロッシアーコスメティックブランド_e0255210_03145327.png
新しい世代!NY発のGlossier グロッシアーコスメティックブランド_e0255210_03144831.png
新しい世代!NY発のGlossier グロッシアーコスメティックブランド_e0255210_06153590.png
2019年に入ってから The Glossier Playという姉妹ブランド(カラフルだったり、メタリックだったりするライン)も出て、これからもどんどん大きくなっていくブランドですね。

近い将来、日本で正式に購入できるようになる日がくると思います。













# by kt-ny | 2019-07-17 03:32 | Beauty プロダクツ

コスタリカのカラフルな自然たち

サンホセから40分ほど車で行くと、こんなジャングルになるの?ってほど、緑が続くこののリトリートホテル。
ハイキングをリクエストすると、ガイドが連れて行ってくれます。
コスタリカのカラフルな自然たち_e0255210_06393674.png
森林の中を45分くらい入っていくと、素敵なサプライズが。
大木にブランコがぶら下がっています。

誰がこれを作ったのでしょう?


コスタリカのカラフルな自然たち_e0255210_06390738.png
『ここもホテルのオーナーの敷地です。』とのこと。この見渡す限りの緑は、ホテルのものだそう。
だから『窓を開けて寝ても安全ですよ』と言われたのも納得です。

コスタリカのカラフルな自然たち_e0255210_06385645.png

5月から11月は、雨季でオフシーズンのコスタリカですが、
午前中は晴れ、

午後になると雨が降り、

夕方に霧が出て、

夜は比較的涼しく、クーラーなしで眠ることができる、

気候の変化がとても楽しいコスタリカです。

コスタリカのカラフルな自然たち_e0255210_06384637.png
そんな気候なので、植物がよく育つはず。



コスタリカのカラフルな自然たち_e0255210_06394914.png
このサボテンは3メーターほどあります。

コスタリカのカラフルな自然たち_e0255210_06401008.png
コスタリカはカラフルな自然たちであふれています。
コスタリカのカラフルな自然たち_e0255210_06401492.png





# by kt-ny | 2019-07-10 04:10 | 海外旅行

コスタリカでの最高なヨガリトリート フレッシュな食べ物

7月4日はアメリカの独立記念日。

1776年に、13の植民地がイギリスから独立を宣言した記念日で、アメリカ合衆国にとって、とても特別な日です。

クリスマスと並ぶくらい特別な、この日のアメリカ人の典型的な過ごし方は、

1)ホットドックやハンバーガー、スペアーリブなどバーベキューを楽しむ。
2)アメリカ国旗の色(赤、白、青)で、デコレーション。
3)花火、日本では頻繁に行われる花火ですが、アメリカは規制が厳しく、ニューヨークで言えば、7/4ぐらいしか花火を見ることができないので、ニューヨーカーにとってはこれもとっても特別なのです。

ところで、コスタリカでのヨガリトリートの食事です。

ここでは、ローカルで採れた、オーガニックな食材を使い、そして白砂糖、小麦粉無し、乳製品を使わない料理が、毎日毎食シェフによって作られます。その中でも私の一番の感動は朝食です。
ブレックファースト DAY1
コスタリカでの最高なヨガリトリート フレッシュな食べ物_e0255210_07545848.png

マンゴ、パパイヤ、パイナップルそしてパッションフルーツはこのリトリートの敷地内で作られています。こんなに味の凝縮されたフルーツは少なくともニューヨークではなかなか食べられません。
ニューヨークのフルーツの味はとても薄く味気がないのです。。。

ブレックファースト DAY 2

コスタリカでの最高なヨガリトリート フレッシュな食べ物_e0255210_07535490.png
これはパッションフルーツのスムージー。ヨガの後の清清しい体にしみます。
コスタリカでの最高なヨガリトリート フレッシュな食べ物_e0255210_07540053.png

このホテルでは、このレストランのシェフから、料理のも教えてもらえます。

この日のクラスの献立は野菜スープそして、アーモンド粉&チョコレートチップクッキー。

毎夜、枕元にクッキーとピッチャーに入った水(私はミントティー)が用意されているのですが、このレシピで焼いたものでした。


コスタリカでの最高なヨガリトリート フレッシュな食べ物_e0255210_07544343.png
みんなには内緒だよとシェフがオーブンから焼きたてのクッキーを持ってきてくれました。

コスタリカでの最高なヨガリトリート フレッシュな食べ物_e0255210_07545236.png

熱くてフカフカで、温かいチョコレートが入ってるクッキー、常温に冷めた枕元にあるクッキーもいいですが、温かいものはまた最高。

レシピをニューヨークに帰ったら試してみたいと思います。













# by kt-ny | 2019-07-08 08:24 | 健康と美容